現在地: » レーザー距離計

製品カテゴリ

レーザー距離計

レーザー距離計とは何ですか? 

レーザー距離計 (レーザー距離計またはレーザー巻尺とも呼ばれます) は、レーザー技術を使用して距離を測定する電子機器です。ターゲットに向けてレーザー ビームを放射し、レーザーがターゲットに反射してデバイスに戻るまでの時間を測定します。この時間計測を利用することで、対象物までの距離を高精度に計算することができます。

レーザー距離計は、建築、インテリアデザイン、不動産などのさまざまな用途で一般的に使用されています。距離を正確かつ迅速に測定でき、また、アクセスが困難な距離や巻尺では実用できないほど遠すぎる距離も測定できるため、従来の巻尺よりも好まれています。さらに、一部のレーザー距離計は、面積や体積の計算などの他の測定を実行できます。


レーザー距離計はどのように機能しますか? 

レーザー距離計は、ターゲットに向けてレーザー ビームを発射することで機能します。このデバイスは、光速度を定数として使用して距離を計算し、レーザーがターゲットに反射してデバイスに戻るまでにかかる時間を測定します。

プロセスは次のように機能します。

  1. ユーザーはレーザー距離計を測定したいターゲットに向けます。

  2. このデバイスはターゲットに向けてレーザー光線を放射します。

  3. レーザービームはターゲットに当たり、デバイスに向かって反射します。

  4. このデバイスは、レーザー光が戻ってくるときにそれを検出し、レーザーがターゲットに到達して戻ってくるまでにかかった時間を測定します。

  5. 次に、デバイスは光の速度を定数として使用して、デバイスとターゲット間の距離を計算します。

レーザー距離計は、通常、半導体レーザーを使用してレーザー ビームを放射します。このレーザー ビームは、細くて集中力が高くなります。このデバイスには、ユーザーがレーザー ビームをターゲットに正確に向けることを支援するセンサーまたはカメラが内蔵されている場合もあります。

一部のレーザー距離計では、距離測定の精度を高めるために、位相シフト干渉法や飛行時間測定などの追加技術を使用する場合もあります。


レーザー距離計は屋外でも使用できますか? 

レーザー距離計は、ターゲットに向けてレーザー ビームを発射することで機能します。このデバイスは、光速度を定数として使用して距離を計算し、レーザーがターゲットに反射してデバイスに戻るまでにかかる時間を測定します。

プロセスは次のように機能します。

  1. ユーザーはレーザー距離計を測定したいターゲットに向けます。

  2. この装置はターゲットに向けてレーザー光線を放射します。

  3. レーザービームはターゲットに当たり、デバイスに向かって反射します。

  4. このデバイスは、レーザー光が戻ってくるときにそれを検出し、レーザーがターゲットに到達してから戻ってくるまでにかかった時間を測定します。

  5. 次に、デバイスは光の速度を定数として使用して、デバイスとターゲット間の距離を計算します。

レーザー距離計は通常、半導体レーザーを使用してレーザー ビームを放射します。このレーザー ビームは細くて焦点が合っています。このデバイスには、ユーザーがレーザー ビームをターゲットに正確に向けるのに役立つセンサーまたはカメラが内蔵されている場合もあります。

一部のレーザー距離計では、距離測定の精度を高めるために、位相シフト干渉法や飛行時間測定などの追加技術を使用する場合もあります。

 

PLINEASY レーザー レベルの専門家にご相談ください

当社は、落とし穴を回避して、レーザー レベルに必要な品質と価値を予定通り、予算内で提供できるようお手伝いします。
今すぐ問い合わせる
いつでもお気軽にご連絡ください。特にタイムゾーンがいくつか離れている可能性があるため、私は電子メールで話すことを好みます。

について

製品

サービス

© COPYRIGHT 2023 PLINEASY ALL RIGHTS RESERVED.